Geekvape Wenax K2 対 Wenax K1 対 Wenax K1 SE レビュー
0コメント

Geekvape Wenax K2 対 Wenax K1 対 Wenax K1 SE レビュー
VAPE 小売業者として、顧客に可能な限り最高の VAPE 体験を提供するには、最新の製品とトレンドを常に把握することが重要です。 の Geekvape Wenax シリーズは、高品質のパフォーマンスと洗練されたデザインで定評のあるポッド システム VAPE キットの人気ラインです。

このブログ投稿では、Wenax K2 の優れた点を説明し、その後、知りたいことをその前モデルである Wenax K1 および Wenax KXNUMX と比較します。 ウェナックス K1 SE。 この投稿を最後まで読むと、これらのキットの違いと類似点、そして顧客にとってどれが適しているのかがよりよく理解できるようになるでしょう。

    新機能 Geekvape Wenax K2キット?

    Wenax K2 には、マット/光沢コーティング、正確なエアフロー調整、大容量バッテリー、3 つの LED インジケーター、角丸長方形ボタン、適応型出力テクノロジー、改善されたフレーバー パフォーマンスなどの新機能が導入されています。 これらの新機能により、K2 は K1 および K1 SE とは異なります。

    Wenax K2 の最も注目すべき新機能の XNUMX つは、滑らかでモダンな外観を与えるマット/光沢のあるコーティングです。 この新しいコーティングにより、デバイスの傷や摩耗に対する耐性も向上します。

    K2 は正確なエアフロー調整機能も備えており、ユーザーは VAPE 体験をカスタマイズできます。 この機能は K1 および K1 SE では利用できないため、K2 はより高度なデバイスになります。

    K2 の角丸長方形のボタンも、以前のモデルとは一線を画す新機能です。 ボタンは使いやすく、ユーザーにとって快適なグリップを提供します。

    安定出力と適応出力技術もK2の新しい機能です。 これらの機能により、デバイスは一貫した出力を生成し、カートリッジの抵抗に合わせて調整することが保証されます。

    最後に、Wenax K2 はフレーバーパフォーマンスが向上しています。 K2 の K1 カートリッジは、液体レベルがより明確に表示され、400 パフ以上持続するため、K1 および K1 SE よりも耐久性があり風味豊かなオプションとなっています。

    全体として、Wenax K2 の新機能により、K1 および K1 SE よりも高度で印象的なデバイスになっています。

    ウェナックス K2

    デザインとカラー - K1、K1 SE、K2

    Wenax シリーズについて顧客が最初に気づくのは、デザインと色のオプションです。 Wenax K2 には 1 色があり (さらに追加予定)、Wenax K15 には 1 色があり、Wenax KXNUMX SE には XNUMX 色があります。

    各キットは独自のデザインを特徴とし、デバイスの色や形状に基づいて顧客の好みがある場合があります。 Wenax K2 は、洗練されたモダンな外観を与えるマット/光沢のあるコーティングを特徴とし、K1 と K1 SE はさまざまな色から選択できます。

    K2 にはユーザーに快適なグリップを提供する角丸長方形のボタンが付いていますが、K1 には丸い形のボタンが付いています。 どちらもベイパーがキットのボタンを押すことを許可しますが、K1 SE は許可しません。 Wenax K1 SE は、重さわずか 32g の使いやすいスターター キットです。 デザインは他のXNUMXつのキットに比べてシンプルでコンパクトな印象です。

    ウェナックス K1 SE

    Geekvape Wenax K1、K1 SE、K2 デバイスの機能

      Geekvape Wenax K2 キットは正確なエアフロー調整機能を備えており、ユーザーは VAPE 体験をカスタマイズできます。 K1 および K1 SE はこの機能を提供していないため、K2 はより高度なデバイスになります。

    K1 SE と同様に、K2 にもカートリッジの抵抗に自動的に適合する適応出力テクノロジーが搭載されており、一貫した出力を保証します。 K1 と K1 SE には 1 つの LED インジケーターがあり、K2 にはバッテリーの状態を示す 3 つの LED インジケーターがあります。

    特徴

    ウェナックス K2

    ウェナックス K1

    ウェナックス K1 SE

    デザインと色

    6の色

    15の色

    8の色

    打ち上げ日

    4月2023

    2021 1月

    月2022

    デバイスの機能

    マット/光沢コーティング、正確なエアフロー調整、3 LED インジケーター、角丸長方形ボタン、3 レベルの出力調整、安定した出力、自動描画/ボタントリガー、アダプティブ出力テクノロジー - カートリッジ抵抗の自動一致

    1 LEDインジケーター、丸型ボタン、3レベルの出力調整、安定した出力、自動描画/ボタントリガー

    使いやすいスターターキット、超軽量 - わずか 32g、稲妻型インジケーター、安定した出力、アダプティブ出力テクノロジー - カートリッジ抵抗の自動一致

    カートリッジの特徴

    K1 カートリッジ (K2 バージョン): 液体レベルがより鮮明に表示され、黒色のドリップチップ、フレーバー性能が向上、400 パフ以上持続、使用寿命は使い捨て製品の 10 個以上に相当します。

    K1 カートリッジ: ブラックのドリップチップ、300 ~ 400 パフ持続、使用寿命は使い捨て製品 10 個に相当します。

    K1 SE カートリッジ: 透明なドリップチップ、300 ~ 400 パフ持続、使用寿命は使い捨て製品 10 個に相当します。

    ボタン機能

    電源オン/オフ、点火、出力調整、誤押し保護 - 5 回押す

    電源オン/オフ、点火、出力調整、誤押し保護 - 5 回押す

    いいえボタン

    カートリッジのコイル抵抗

    プリインストール:0.8Ω 12 -16W、スペア:1.2Ω 10 -12W

    プリインストール:0.8Ω 12 -16W、スペア:1.2Ω 10 -12W

    プリインストール: 1.0Ω 12 -14W

    カートリッジ容量

    2ml

    2ml

    2ml

    出力パワー

    7-18W

    9-16W

    9-16W

    電池

    1000mAh

    600mAh

    600mAh

    同梱品

    1 デバイス、1 カートリッジ (プリインストール: 0.8Ω 12-16W、スペア: 1.2Ω 10-12W)、1 USB-C ケーブル

    1 デバイス、1 カートリッジ (プリインストール: 0.8Ω 12-16W、スペア: 1.2Ω 10-12W)、1 USB-C ケーブル

    1 デバイス、1 カートリッジ (1.0Ω 12-14W)


    ボタン機能に関しては、K2 と K1 は電源オン/オフ、点火、出力調整、誤押し保護を提供します。 K1 SE にはボタンがありません。 ユーザーは吸い込むだけで活性化できます。

    K1 と K2 のコイル抵抗は、プレインストールされたカートリッジと予備のカートリッジで同じで、それぞれ 0.8Ω と 1.2Ω です。 ただし、K1 SEには、プリインストールされたカートリッジのコイル抵抗が1.0Ωと適度にあり、コイルを交換するのが面倒な初心者には適しています。

    全体として、 Geekvape Wenax K2 は、K1 および K1 SE よりも先進的で、正確なエアフロー調整、改善されたフレーバーパフォーマンス、LED インジケーターを備えています。

    ウェナックス K1

    Geekvape Wenax K2、K1、K1 SE カートリッジ 特徴

    各キットのカートリッジは、VAPE 体験全体の重要なコンポーネントです。 Wenax K2 は、以前の Wenax シリーズよりもリキッドレベルが明確に見える K1 カートリッジ (K2 バージョン) を備えています。 K1 と同じ黒いドリップチップを適用し、パフ可能回数を 400 回以上延長します。最も重要なのは、ベーパーのフレーバー性能をより向上させることができることです。

    Geekvape Wenax シリーズのバッテリー寿命

    2 つのキットのバッテリー容量も異なり、Wenax K1000 には 1mAh バッテリーが搭載されていますが、Wenax K1 と K600 SE には 2mAh バッテリーが搭載されています。 これは、Wenax KXNUMX は他の XNUMX つのキットと比較して、再充電が必要になるまでに長時間の VAPE 体験をユーザーに提供できることを意味します。

    価格と価値

    一部の VAPE ストアでは、これら 14.99 つのキットの価格はほぼ 19.99 ドルから XNUMX ドルの間で同様です。 価格の違いにもかかわらず、XNUMX つのキットはいずれも優れたコストパフォーマンスを提供し、その機能とパフォーマンスにより市場で競争力があります。

    Wenax K2 は最先端の機能と最長のバッテリー寿命を備えているため、よりカスタマイズ可能で長時間持続する VAPE 体験を求める人にとっては良い投資になります。 一方、Wenax K1 および K1 SE は、適度なバッテリー寿命を備えたシンプルで使いやすいデバイスを求める人にとって優れたスターター キットです。

    長所と短所

     

    ウェナックス K2

    ウェナックス K1

    ウェナックス K1 SE

    メリット

    正確なエアフロー調整

    軽量でコンパクトなデザイン

    透明なドリップチップ

     

    バッテリーの状態を示す 3 つの LED インジケーター

    手頃な価格のポイント

    初心者向けの適度なコイル抵抗をプリインストール

     

    安定した出力を実現する適応型出力テクノロジー

    丈夫で長持ちするカートリッジ

    300~400パフ持続

     

    フレーバーパフォーマンスの向上

     

    使用寿命は使い捨て電子タバコXNUMX本分に相当します。

     

    リキッドレベルがより明確に見えるようになりました (K1 カートリッジ)

     

     

     

    400 パフ以上持続 (K1 カートリッジ)

     

     

    デメリット

    K1、K1 SEより若干重い

    K2 (600mAh) よりもバッテリー容量が低い

    限られた色のオプション

     

     

    K2 よりも低い出力電力 (9-16W)

    K2 (600mAh) よりもバッテリー容量が低い

     

     

    限られたエアフロー調整

    K2 よりも低い出力電力 (9-16W)

     

     

    正確なエアフロー調整ができない

    限られたエアフロー調整

     

     

     

    正確なエアフロー調整ができない

     

    まとめ

    Wenax K2、K1、および K1 SE を比較した結果、Wenax K2 キットは最先端の機能とパフォーマンスを提供し、VAPE 小売業者にとって優れた投資となると考えています。 ただし、顧客のニーズや好みによっては、K1 および K1 SE も適切なオプションとなる場合があります。 この比較が、VAPE 小売ビジネスについて十分な情報に基づいた決定を下すために必要な情報を提供していただければ幸いです。

    卸売先 Geekvape Wenax K2、K1&K1 SE

    K1、K2、および K1 SE VAPE キットを卸売りする、信頼できるプロフェッショナルな VAPE キット サプライヤーをお探しの場合は、Vape Wholesale Global が最適な選択肢です。 Flamingo Technology Limited の販売プラットフォームとして、当社はさまざまな人気ブランドの 100% 本物の VAPE 製品を競争力のある価格で提供しており、最新の使い捨て製品、VAPE キット、タンク、MOD、コイル、その他のアクセサリを簡単に閲覧して注文できます。

    また、100 か国以上への迅速かつ簡単な発送、複数の配送方法、迅速なカスタマー サポートも提供しています。 さらに、マーケティング サービスが必要な場合は、Vape Wholesale Global がブランドのバナーをデザインすることもできます。 今すぐライブチャットまたは電子メールで当社のフレンドリーで知識豊富なカスタマーサービスチームに連絡して、VAPE の卸売りビジネスについてお問い合わせください。

    VAPEのレビュー

    コメントを書く

    すべてのコメントは公開される前に管理されます